世界女子カーリング選手権札幌大会2015

世界女子カーリング2015日本代表「北海道銀行フォルテウス」って?

2015年3月14日〜22日に、「JA全農 女子カーリング世界選手権札幌
大会 2015」が開催されました。
北海道で初めて開催された、カーリングの国際大会だったそうです。
NHK-BSで放送されたので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

 

ロシア、スイス、スコットランド、デンマーク、スウェーデン、
フィンランド、ドイツ、ノルウェー、カナダ、アメリカ、中国、
日本の12カ国から、代表選手チームが出場しました。

 

日本の代表チームは、2015年2月に北海道北見市で行われた、
「第32回全農日本カーリング選手権大会」の優勝者チームです。
国内9チームの中で優勝したのは、「北海道銀行フォルテウス」と
いう北海道のチームです。
(この国内大会では5つの北海道チームが出場していました)

 

北海道銀行フォルテウスとは、どんなチームなのでしょう。
北海道銀行が“どさんこバンク”としての地域活性化への取り組み
で運営している、女子カーリングチームです。

 

四つ葉のクローバーをモチーフにしたデザインの中に「FORTIUS」
の文字をあしらったさわやかな色のロゴ。
フォルテウスとは、ラテン語で「より強く」という意味だそうです。

 

このチーム、2014年ソチオリンピックに出場し、5位という結果を
残した日本屈指の強豪チームなのです。
コーチのミキフジは、オリンピック女子日本代表コーチを何度も
務めたことのある実績ある人物です。

 

チームメンバーはどんな面々なのでしょう。

 

カーリングチームで司令塔の役割である「スキップ」担当の小笠原
歩は、国内ではまだ稀なママさん選手です。
2002年ソルトレイク、2006年トリノの各オリンピックに出場した後、
結婚・出産を経て3度目の出場となったソチオリンピックでの5位と
いう結果に大きく貢献しました。
まさに注目の選手ですね。

 

なお、これまで異なるチームでも小笠原と一緒にプレーしてきた
船山弓枝もこのチームの有力メンバーですが、2015年は産休中のため、
この大会には出場できませんでした。

 

このほか、ムードメーカーであり不動のセカンド、小野寺佳歩。
次世代カーラーとして大きく期待されているサードの吉村紗也香。
2010年バンクーバー出場経験を持ち、オールポジション対応可能な
近江谷杏菜。
いずれも、今後がますます期待されるアスリート達です。

 

実は、世界選手権札幌大会2015ではあまりふるわず、6位に終わって
しまいました。
地元での開催で盛り上がっていただけに、大変残念です。

 

ただ、国際大会で日本のチームが常に中位以上に食い込めるように
なってきたのは素晴らしいことではないでしょうか。
強豪国カナダなど、まだまだ世界の壁は厚いですが、これからも
がんばってほしいですね。
北海道フォルテウスの活躍から、ますます目が離せません。