世界女子カーリング選手権札幌大会2015

カーリング、ようやく知られた競技になってきましたね・・・

「カーリング」って聞いて、今なら「ああ、氷の上でストーンを滑らせる競技
でしょう?」というように、わかる人は多いでしょう?でも少し前までは「カ
ーリングって何?」っていう人の方が多かったのではないかと思うのです。

 

いろいろあるウインタースポーツの中での「知名度」は低く、日本でもつい
最近まで知られていなかった感が強い競技だと思います。

 

 

1998年の長野オリンピックではじめて正式なオリンピック種目として登場し
た経緯から考えても、世間一般に知られたスポーツではないとおもいます。
日本のチームが強くて、世界大会で注目でも集めているというなら、認知度も
高くなるでしょう?でもそうではないですから・・・ね。

 

もともとカーリングの発祥が北ヨーロッパで、その上競技内容がほかのスポー
ツ競技と少し異質である事もあって、日本では浸透しにくかったという事も考
えられますね。同じ北欧発祥のスキーやスケート競技はかなり以前から入っ
てきていますから・・・。

 

今は日本にも「日本カーリング協会」が中心となって、いくつかの「カーリン
グチーム」が組織され、中には国際大会で好成績をあげているチームもありま
すね。それでも個人が簡単に参加できる種類のスポーツではないので、一般に
浸透するまでは行っていないと思います。

 

ウインタースポーツ自体、ある程度「寒い」地域でなければできないスポーツ
です。日本だったら、北海道や東北、長野あたりといったところでしょうか?
冬、雪と氷がなければできない競技ばかりです。カーリングだって、氷が張っ
たある程度広い場所がなければ行えません。
今は屋内リンクはじめ、一年中氷面を維持する施設がありますから、競技人口
も少しは増えたと思いますが、それにしてもスキーやスケートほどではありま
せん。

 

日本でカーリングの知名度が一気に高くなったのは、トリノオリンピックでの
日本女子カーリングチームの活躍からでしょう。メンバーの出身チーム
「チーム青森」の名前も同じように知名度をあげましたしね。

 

日本には男子チームもあるのですが、カーリングの知名度は女子チームによる
ところの方が大きいと思います。
競技中の選手に漂う「凛とした感じ」がより多くのファンを引き付けています
ね・・・。