世界女子カーリング選手権札幌大会2015

カーリング世界大会が日本で開催されました

カーリングが冬期オリンピック競技として採用されたのは、1998年の長野大会
からです。カーリングが15世紀にスコットランドで始まったことから考えれば、
長い間国際競技として認定されなかったことになりますね。オリンピックの出
場資格につながる世界大会は、オリンピックより早い始まりですが、それでも
男子が1959年、女子は1970年からです。それでもまだ男子が24回、女子は15回、
そういったことから考えれば「カーリングは最近のスポーツ」という事になっ
てしまいますね。

 

発祥の地であるイングランド、その後広がって行ったアメリカやカナダ、ヨー
ロッパでもスイス、北欧といった「寒い国」に競技人口は多いし、チームも強
いですね。

 

日本も北海道や長野といった寒い土地で始まり広がっていますよね。例えばト
リノで活躍した女子チームは「チーム青森」ですし、その時のライバルチーム
は確か「チーム長野」でした。男子も「SC軽井沢」が有名ですね。

 

「オリンピックでの初めて」が長野大会であったこともありますが、カーリン
グ世界大会がアジアで4回開催されているうち半分、2回は日本で開催されて
います。2007年に青森市で、そして前回2015年は札幌で開催されまし
た。2007年は優勝がカナダ、以下2位デンマーク、3位スコットランド、
2015年は優勝がスイス、以下カナダ、ロシアの順で、日本は残念なことに
3位以内に入ることが出来ませんでした。ですが・・・、
この3月に開催された2016年の世界選手権では準優勝という好結果を残し
ました!トリノ以来日本チームも少しずつ力をつけて、結果を残すようになっ
ているのは喜ばしい事です。

 

日本でのカーリング普及や、代表チームの「世界で通用する競技力」の陰には
「日本カーリング協会」の地道な活動や努力があると思います。
北海道、東北、関東、中部、西日本の5ブロック23協会と、チェアーカーリ
ング協会が中心となって、協会を運営し、国内大会の開催や国際大会の誘致を
行っているのです。

 

協会の運営には全国農業組合連合会をはじめとするスポンサーの協力も大きい
と思います。現に2015年の世界女子カーリング選手権は、「全農」という名
が掲げられていましたね。

 

カーリングは、老若男女を問わず長いスタンスで楽しむことが出来るスポーツ
です。ただ、競技施設や用具の整備が十分でありません。この先少しずつでも
一般の人々に浸透していけばよいと思います。